性病検査で身体を調べる|感染しているのか把握しよう!

男性ドクター

特徴を知る

カウンセリング

HIVとは、エイズを発症させるウイルスです。このウイルスが増えることでエイズという危険な病気に悩まされることになります。ですから、感染して身体に異変がおこった場合は、早めにHIV検査を受けるといいでしょう。感染している時によくみられる症状は、発熱、頭痛、嘔吐、下痢などの症状です。これらの症状が長期間に続いて表れる場合は、感染している危険性があります。そのため、すぐに病院を利用してHIV検査を受けましょう。

HIV検査は最初に、スクリーニング検査と言われることを行ないます。このスクリーニング検査で陽性の反応が出た場合は確認検査をします。その確認検査でも陽性と表れた場合は、HIV感染者となるのです。また、スクリーニング検査で陽性が出た場合でも、確認検査で陰性になる場合があります。そのため、スクリーニング検査で陽性と判断されたからといって、自分はHIV感染者と決めつけることは止めましょう。

HIV検査には、ウインドウ期と言われる期間があります。この期間中は、感染していても陰性という結果が出るのです。その理由は、HIV検査は抗体が作られているのか調べるものです。身体の中の抗体は数週間経たないと作られません。だから、感染して日付があまり経ってないと、感染していても分からないのです。そのため、HIV検査は早く受けることも大事なのですが、検査を受けた日から数週間ほど経った後に、もう一度利用することが大切であると言えます。そうすることで確かな検査結果の情報を入手できます。

Copyright© 2016 性病検査で身体を調べる|感染しているのか把握しよう! All Rights Reserved.